シワにも種類があるって本当?

老けて見える「シワ」ですが、シワにも種類があるって知っていますか?

 

大きくわけると「紫外線ジワ」「表情ジワ」「乾燥ジワ」の3つに分けられます。

 

紫外線ジワ

 

紫外線ジワとは、紫外線ダメージによって出来るシワになります。
紫外線は、窓ガラスやカーテンも突き抜ける強さを持っているんです。

 

綺麗な若々しい肌は、弾力があってふっくらしていますよね。
肌の弾力は、肌の真皮層にヒントがあります。

 

真皮にはコラーゲン線維が網目状になっており、これをエラスチンの線維が、
繋ぎとめることでクッションのようになっているんです。
弾力には、このコラーゲンとエラスチンが必須なのです。

 

また、真皮層では線維芽細胞という細胞があり、コラーゲンやエラスチンを新しく産み出したり古くなったコラーゲンやエラスチンを分解するなど真皮層の新陳代謝を促しています。

 

弾力のある肌は、シワになりにくいのですが紫外線がこの弾力の要である真皮層に、
ダメージを与えると紫外線ジワが発生してしまいます。
紫外線にはUVAとUVBがあり、真皮層にまで到達してしまうのはUVAです。
UVAは、コラーゲンやエラスチンを生み出す線維芽細胞に直接ダメージを与えたり、
活性酸素によりコラーゲンを破壊したりと、弾力の要を次々と壊していきます。

 

肌弾力を失った肌は、シワになりやすくなってしまうのです。

 

表情ジワ

表情ジワとは、笑ったり困ったりしたときに、眉間や目尻・額にできる、
表情によって皮膚が動き折りたたまれることによって出来るシワのことを言います。
ほうれい線も表情ジワの一つです。

 

赤ちゃんや20代までは、肌にハリがあるので表情ジワは肌の弾力やハリによって、
直ぐにもどりますが、紫外線の影響や加齢によって肌のダメージを受けてしまった、
肌はハリがなく乾燥もしているために、折りたたまれた皮膚が元に戻りにくくなり、
跡が残り繰り返されるうちにシワとなって残ります。

 

1度表情を作っただけでは、シワになりませんが繰り返されることによって、
跡が付き無表情の時にも表情ジワとなって残ってしまうのです。

 

乾燥ジワ

乾燥ジワとは、目尻などの細かいちりめんジワを言います。
肌表面の水分量が減り潤いがなく乾燥している状態のときに出来る小さな細かなシワを乾燥ジワと呼びます。

 

比較的肌表面の浅いシワです。

 

肌の水分量が多いと、角質層もふっくらしてキメも整っているのですが、
水分量が減ってしまうと肌の表面はカサカサで砂漠の状態です。
キメも乱れてしまうので、細かいシワが出来やすくなります。

 

そのまま放置してしまうと、表面だけに収まらず肌そのものが乾燥し、
大きな深いシワになってしまう可能性があるので要注意です。